3.クリーン(きれい)に仕上がっている

 クリーンでシャープな美しさを出すには、表からは見えない細かなところまで、非常に熟練した手で丁寧に巧みに縫われていることが必要です。そのうちのいくつかを摘出して見ましょう。

<1>シャープで薄いフロント・エッジと驚異の1.6mmステッチ
 カラー、ラペル、フロント・エッジ、ゴージ刻みをすっきり仕上げることは服の美観に大きな影響を及ぼします。ラペル、フロント・エッジを出来るだけ薄く仕上げることによって、この目的が果たせます。
 通常ラペル、フロント・エッジの縫代は5〜7mmですが、プラムのは幅が狭く、片側は、わずか3mmです。
 
このエッジを押さえるためにピックステッチをかけますが、縫代がわずか3mmしかありませんので、いやでもその中間に多くても端から2mmのところに針を落として刺さなければなりません。プラムの大半のものは端から1.6mmとなっています。これは飾りというよりもエッジをピックステッチで縫い回すことにより服のエッジをしっかり押さえ、シャープさを出すために行うものです。


<2>毛抜き合わせのフロント
 通常のスーツでは5〜7mmの縫代が中にあり、それを身引き縫いでフロント・エッジを作りますのでボタッとした感じになり、視覚的に安っぽくなります。
 プラム製は3mm縫代のフロントと、同じく短い縫代の見返しとを毛抜き合わせ(毛抜きの先端左右2面が寸分の狂いもなくピタッとくっつき合っている様を言う。身引き縫いはその片一方がずれている様を言う。当然二面が合わさっているよりも1面のほうが簡単に薄く出来るがボタッとした感じになる。)にピタッと押さえて薄いシャープなラペル、ゴージ、フロント・エッジのラインを出してあります。

 
<3>シャープなゴージ部分(上衿とラペルのつなぎ部分)
 この部分は縫割にし、ハンドまつり縫いで処理していますので、シャープです。
 この作業は大変な手間がかかりますので、ほとんどのメーカーは、安易な片返しで処理をしています。しかしこれでは縫目が手術後の傷口跡のように深く凹んで、ごつごつと汚く、ゴージのつなぎ目の折返しが厚ぼったくごろついてしまいます。
 ゴージ部分の裏側を見ていただくと良く分かりますが、カラー・クロスをゴージ刻みの下まで延ばしてあるものは、全て片返しです。縫目の汚い欠点を隠す目的に他なりません。

 

<4>ゴージ刻みの4つの小丸
 衿刻みの4つのポイントを、きれいに指先で揉み出して揃えてあります。人間の目はパターン認識にすぐれていますので、わずかの違いでも、何となくおかしく不細工だと見分けてしまいますので、これは一着一着丁寧な作業を要する仕事です。